アクセスランキング


大丹波川の釣り





 


6月17日朝の大丹波川。平日のため、自分たちの他に、人の気配なし。ちなみに、大丹波は「おおたば」と読む。奥多摩川の支流の一つです。


※入渓点は、初めてだと意外と難しいかもしれません。
JR川井の駅から、川沿いの道路をてくてく歩いて、ガードレールのはるか下の方に川が見え隠れしており、「これは降りられるのかな?」と不安になってきたあたりで、よーく観察すると、なんとか降りられる「道」のようなものがガードレール越しに見つかる・・・・はず。





水はだいぶ引いたものの、台風の影響で、上流から木やゴミなどが多く流れ着いてました。









水量の多い淵から飛び出した、30センチのニジマス。えさはイクラとブドウ蟲。たまに、川虫(ヒラタ)。





その後、元気なちびヤマメも姿を見せてくれました。






見づらいですが、今まさに上がって来ようとするニジマス。
アベレージ20センチ程度のヤマメを想定した仕掛けなので、取り込みの寸前に、糸をつかむと、たちまち切れてしまう。

老父は、この同じポイントだけで、まるまる太ったニジマスを5匹ぐらい釣り上げていた。






街が近いわりに、生き物の気配が強い川という印象を受けました。他に、長さ30センチ、オレンジとグレーの見事なツートンカラーで、小型の蛇みたいなヒル(※)もいましたが、画像でお見せできないのが残念です。

※後で調べたところ、「ヤツワクガビル」という種類であることが判明した。出会うとかなりショッキングだが、吸血はせず、主にミミズを捕食するらしい。重ねて、画像を見せられないのが残念である。




連続してウグイを釣り上げた後、どうせまたウグイかと思ったら、可愛いヤマメでした♪ それにしても、この子たち、“あたり”がきわめて弱いので、針を飲まれないように合わせるのが大変です。





ヤマメの住む流れ。







鮮やかなパーマークのヤマメに出会う喜びは、まだお互いに狎れていない女と逢うのに似ている。新鮮で、暖かい気持ちになり、時にエロチックですらある。






同じ川で取れたニジマスとの、大きさの比較。忘れがちだが、ニジマスは外来魚です。こんなのが、管理釣り場から逃げ出して、ごろごろ河川に居ついたのでは、ヤマメやイワナの生活が脅かされるのでは・・・・と思ってしまいます。





川で飲む、キンキンに冷えた缶ビール(発泡酒だけど)が最高!これさえあれば、釣れなくてもいいという話もある。



* * * *

釣り始め、07:00
納竿、13:30
父と合わせてニジマス15尾ゲット(まさかの釣り堀状態)。ちびヤマメ6尾と、無数に釣れたウグイは、その都度リリースする。
うちは4人家族なので、ご近所と親戚にニジマスを11尾あげたら、自家製のいんげんや、ジャガイモとなって返って来た。夜、それらをてんぷらにして、飲む。


※9月8日追記。。この川でいい釣りが出来たのは、とりあえずこの一回のみである。この時期元気だったニジマス軍団は、盛夏に入ると病的になり、 川全体になんとも嫌な気配---あえて言えば死臭---がただようようになる。
8月に釣ったニジマスは、まるで日野日出志のマンガに出てくるみたいに、眼球がぎょろりとして、不気味だった。





渓流釣り日記(釣行記録一覧)へ


ヤマメ・イワナ・渓流LOVE★に戻る