アクセスランキング

倉沢キャンプ釣行



 




 この、ねぐらのロケーションは、僕の最高のお気に入りです。




 




 午後六時を過ぎて、暗闇の中で、手探りでヤマメを一尾。




 




 




 やがて、夜が明ける。




 




 




 朝5時半。まだだれも人のいない渓流で、一番乗りで、思う存分竿を出せるのが、キャンプ釣行の良いところですね。

 ポイントごとに小さなアタリがあるが、釣れて来るのは15センチ程度のチビばかりなので、ほどほどに竿を納めることにする。

 釣りはそこそこでも、酒とうまい肉で満足できるのが、またキャンプ釣行の良さでもある。
 (ちなみに、相棒のKは夜中に“黒霧島”を飲みすぎて、終日ダウン。ま、それもよいでしょう)




 




 少し上に行くと、鍾乳洞の入り口あり。




 その上は、魚どめの滝でいちおう行き止まり。




 



渓流釣り日記(釣行記録一覧)へ


ヤマメ・イワナ・渓流LOVE★に戻る