アクセスランキング
今年最後の釣り
(平成25年9月29日釣行)
 前回のキャンプ釣行で、わりと良い釣りができたので、今年はもう竿収めでもいいかな・・・なんて、半分くらい思っていた、平成25年9月、最終の日曜日。
 やっぱり、さいごの最後に、美しいヤマメとイワナの顔が見たい・・・ということで、締めくくりの釣りに行ってきました。
 今年は、ここまで、かなり"良い釣り"をさせてもらっていたので、最後は、来年以降につなげる「様子見」程度でもいいかな・・・渓流のゴミ拾いでもしながら・・・なんて、緩い気分で、沢に入ります。

 最初の一投で釣れて来たイワナ。20センチ弱くらい。う、美しい・・。
 イワナのいたポイント。期待が高まります。
 振り返ると遠くにつり橋が見える。
 この滝は、竿をしまって、左岸(向かって右側)から、高く、高く捲いて行きます。
 これは、落ちたら、死ぬなあ・・。
 難所を通り抜けると、すぐに美しいヤマメが釣れて来る。感無量。
 乗り越えた滝を見下ろします。
 これは、なかなかグッドサイズのヤマメ。24、5センチといったところか。
 ヤマメが住んでいた渓。
 某、分岐。途中出会った沢登りの人は、雲取山へ続く「左」へ進みました。僕は、「真っ直ぐ」進みます。
 あああ、S先輩、ごめんなさい。決して"抜け駆け"したわけではないのですが、この渓、思いがけず、素晴らしい釣果が出ました。朝7時から釣って、正午まで、アベレージサイズ20センチoverのヤマメ・イワナが15尾超。
 明らかに人間の手が入っていない証拠に、一つのポイントから、連続して2尾のイワナが飛び出すことも珍しくない・・・という状態。
 二万五千分の一地形図で見ると、ここは、日原本谷の中でも、比較的登山道から離れていて、アプローチがしにくい場所。その分、釣り人が入っておらず、たぶん"穴場"になっているだろう、という読みが当たった形になりました。来年以降、ご案内します。わりと困難な場所なので、酒・キャンプは抜きで。

 ちなみに、この日のエサは、ぶなむし。シーズン終了間際ということで、上州屋のエサ在庫が品薄状態で、売れ残っていたエサを仕方なく購入しました。この、「ぶなむし」ようは、ブドウ虫の色違いキャラで、変なインクをしみ込ませたみたいな、コバルトブルーの体色をしています。はりを突き刺すと、インクが染みだします。普段は、398円のいちばん安いブドウ虫を買うんですが(やれビッグサイズだの、国産品だのと、釣果には関係ないってば)不気味なブルーのからだを持つこの蟲は、なんか、ふつうのブドウ虫よりも、戦闘力が高そうで、頼もしい感じがします。ドラクエで言うと、「キャタピラー」と「毒イモムシ」くらい違います(?)・・・実際の釣果にどれほど違いがあるか、もう少し検証が必要ですが、来年以降、試してみたいと思います。(25匹入って598円はやや割り高か。しかし、25匹ほぼ全部、無駄なくサカナに喰われて、5時間ほどで全部消費してしまったことを考えると、集魚効果は「あり」と言えるかもしれない)
 今年は、全般的に良い釣りができたなあ・・。(下妻から片道3時間かけて通った甲斐がありましたよ)
 奥多摩の在来種ヤマメ・イワナの減少が叫ばれて久しい今日ですが、僕が実際に釣り竿を片手に、この足で、歩いてみて、感じたことを述べるならば、「まだまだ奥多摩渓流は、捨てたもんじゃない!」ということ。
 もちろん、われわれ釣り人一人一人の意識が、間違った方向に行ってしまえば、直ちに崩れ去ってしまうほどの、繊細な自然環境であることは間違いない。
 それでも、僕は、自分が愛する奥多摩の自然の懐の深さを信じたい。
 これからも、この貴重な在来ヤマメ・イワナの生息地を、護って行きたい。
 50年後、100年後の、子孫のために。
 ・・・そんなことを思いながら、今年さいごの渓流を後にしました。
 谷の女神と、ばあちゃんがくれた御守りに感謝を捧げつつ。来年3月の再会を胸に誓って。
 ありがとう。また、きっと、来ますね!



渓流釣り日記(釣行記録一覧)へ


トップページ(ヤマメ・イワナ・渓流LOVE★)に戻る