アクセスランキング
河辺下の川で軽く試し釣り
 平成26年3月、最後の日曜日は、多摩川の河辺グラウンド下で、軽〜く、試し釣りをして来ました。
 この日は、今年何度目かの放流日だったようですが、10時半くらいにのんびり出かけたら、ニジマスが1尾しか釣れませんでした。
 ここは、僕にとっては"ふるさとの川"で、それなりの思い入れがある場所ですが、残念なことに、変化に乏しい川で、魚の居着き場所が少ない印象。
 11時過ぎには雨がぱらつき、以後、強くなったり弱くなったり。
 午後2時前に僕が撤収を決めたころには、本格的にやっていそうなオジサマを中心にまだ15人くらい残っていましたが、
みんな、そんなに釣れてなさそうな印象でした。
 (ちなみに、多くの人は、本流用の8〜9m竿を使っていましたね。上流用の5m竿だと、ちょっと辛いものがある)
 それと、この時期、まだ水が冷たい〜。

 ・・・まあ、いいんだよ。毎年、河辺下での釣りは、「解禁」を祝う祭りの儀式のようなもの。
 ここで、たくさん釣ろうとは思っちゃいません。
 一つ言えるのは、この辺りの多摩川で渓流釣りを楽しみたいという人は、「年券」を購入して、のんびり構えて釣る必要があるだろうってこと。
 ("今日はダメそうだけど、またいつでも来ればいいさ!")
 逆に、この時期2千円出して、一日券を購入された方は、「2千円ぶん釣らないと元が取れない!!」的な発想にどうしても陥ってしまい、楽しめなかったのではないだろうか。



渓流釣り日記(釣行記録一覧)へ


トップページ(ヤマメ・イワナ・渓流LOVE★)に戻る