アクセスランキング
小川谷の上流
(平成26年8月31日釣行)
さて、今年は小川谷シリーズをお届けします。
本当のところ、僕は"日原本谷派"
ここ数年、あっちの方に入り浸っていたのだったけど、ふと思いついて、今年は小川谷方面へ足を伸ばしてみました。
小川谷の入り口は、日原鍾乳洞の辺りから完全に車両通行止め。
燕岩からがれきが落ちてきて危ない、というのが理由のようだが、僕が知る限り本当に危ない場所は、ごくごく一部だけである。
そして、貪欲な釣り師たちは、通行止め看板をものともせず、小型バイクとかで、がしがし入って来ますね(苦笑)
まあ、この辺りは自己責任なんだろうけど、気の小さい僕としては、色んな意味ではらはらしながらの小川谷遡行となります。

ところで、小川谷の上流域、犬麦谷から上の部分は、意外と知らないことに気づきました。
人が多く、サカナが釣れないイメージだったのですが、車両通行止めの影響もあり、昨年あたりから釣り人口密度は明らかに低下している・・・この推測が、小川谷を選ぶ理由です。

前回の終了地点である犬麦谷との出会いから入渓します。
釣り始めて1時間以内に、それなりに形の良いイワナとヤマメが連続して釣れて来たので、ちょっと油断していた。
この後、アタリはあるが乗らない状態が延々と続くことになります。

ちなみに、毛糸の目印が三つとも勢いよく水中に引き込まれるような激しいアタリは、実は警戒心の薄いちびヤマメ・イワナの仕業であることが多い。
まったく純真な彼女たちは、鉤にかかっていないのに、エサにかぶりついた状態で、水面まで上がって来ることさえあります。
そんなときは、もちろん、丁重にお帰りいただくことになります。
この辺りまで来ると、小川谷もそれなりに険しい谷の様相を呈し始める。
しかし、基本的には、やはり日原本谷と比べると、やや起伏に乏しく、たとえば"石化・木化"といった"術"が使いにくい谷ではある。
釣果が伸びにくいのは、この辺りにも多少の原因があるかもしれない。
この日は夏休みの最後の日曜日だったこともあり、注意深く歩いていると、釣り人の落し物と思しきゴミが無数に落ちていました。
コンビニか何かで買ったゆで卵を食し、しかる後パッケージを散らかしたまま立ち去ったあなた。
僕がきちんと拾って片づけておいたので、どうかご安心下さい★
午後になってようやく一尾を追加。感無量。

こういう場所では、あえて上流側から下に向かって糸をたらした方が、釣りやすいということはありますね。

地形図の通り、林道が谷に接近して来る。脱出が容易そうなことが分かり、一安心の瞬間。

小川谷が酉谷と名前を変える手前の三又まで釣り上り、この日は納竿とした。
意外と距離を歩いてしまった。車が置いてあるところまで6キロ以上歩くというのは、
日原本谷で言うと、八丁橋から唐松谷・長沢谷までの距離よりもはるかに遠いということに気づいた。
渓流釣り日記(釣行記録一覧)へ

トップページ(ヤマメ・イワナ・渓流LOVE★)に戻る