アクセスランキング
光の春の日原谷
(平成27年5月3日釣行)
 ゴールデンウイークの真ん中の日曜日、ちょっとした時間ができたので、今年初の日原谷へ出かけてみました。
 朝6時に日原到着。小川谷に入りたかったのだが、今年は完全封鎖で、「釣り人も立ち入り禁止」とのこと。
 滝やゴルジュの難所を突破することを思えば、これくらいのフェンスを乗り越えることは容易に思えたが、
 マナーの悪い釣り人になりたくないので、あきらめ、八丁橋へ向かう。
 予想していたことだが、八丁橋付近および八丁橋に至る林道沿いには、すでに車が10台以上とまっていた。
 釣り人の割合がどれくらいか分からないが、かなりの先行者がいることは想定の範囲内です。
 入渓点は行き当たりばったりだが、久しぶりの本格釣行なので、長い日原本谷の中でも、比較的遡行容易なエリアを選ぶ。


小川谷は完全封鎖。

日原本谷の様子。
昨年はスノーブリッジで埋まっていたのを思い出します。

昨年は、雪とがれきのせいで、荒れまくっていた日原の谷。
名残があるものの、今年は、折れた樹木もその場の風景にようやくなじんで、全体として落ち着きを取り戻した感があった。
谷は、生きている。
 他の釣り人には出会わなかったが、アタリらしきアタリにほとんど出会わないまま、勝手知ったる谷を歩いて行く。
  サカナはどこに行ったのか。先行者がいるせいで一時的に散ってしまったのであれば、僕はぜんぜん構わない。
 ・・・・こわいのは、「一時的に」ではない可能性を、常に考えなけらばならないことの方です。

 小滝から淵に流れ込む大きなポイントで目を凝らしていると、悠々と泳ぐサカナの姿があることに気づいた。それも複数!いるいる!!

 見える範囲に5〜6尾もいるということは、この淵、かなりのサカナが入り込んでいる。やはり、いるところには、いる。
 それだけで嬉しくなってしまうが、
ここは冷静に竿を出し、ブドウ蟲のエサを流すと・・・・・・・・喰わない。
 目の前にエサがあるのに、完全無視。水温がまだ低いからかな?エサが合わないのか・・・・。
 人影に驚いて逃げてしまうということもなく、光の中で溪魚たちは乱舞している・・・・。
 (もしかすると)ひらめき、3つ付いた目印ごと深く沈めてやると・・・・・・・・急に答えが出た!!


今年の初ヤマメ。ちょうど20センチくらい。
まだ一度も釣られたことがない、という若武者で、猛スピードで淵に逃げ込んで行きました。

(この一尾を見ることができただけで、もう満足しちゃった)
 いつもの脱出ポイントにたどり着いたのと、谷の中では珍しく風が強くなってきたので、
あっさりと10時半に竿をおさめ、少し山歩きをして帰還した。
 この日の釣果、ヤマメ1尾。
 まずまずの出だしと言ってよいと思う。

日原林道を「反対側」から見る。

(左の写真を拡大)

この小ピークは地形図のどの辺りだろうか。

見事なり。
渓流釣り日記(釣行記録一覧)へ

トップページ(ヤマメ・イワナ・渓流LOVE★)に戻る