アクセスランキング
管釣り初心者のつぶやき
(渓流の話題もコラボさせつつ・・・好き勝手なことを書いてます)
茨城県・レイク湯崎で釣った、でかニジ


      

ナイロンラインとフロロライン
 管釣りルアーを始めるまでは、ナイロンとフロロの違いに気をとめることはほとんどなかった。奥多摩の渓流でアベレージ20センチ未満のヤマメやイワナを相手にしている限り、使用するラインは0.3号のフロロカーボン(気分で、てんじょう糸を使うこともあるが、基本はハリスまで一本つなぎ)に決まっているからである。ちなみに、渓流では、0.1号の超細糸というのにもチャレンジしたことがあるが、僕には使いこなすまで使い続ける根気がなかった。仕掛けに「蜘蛛の糸」がからんだとき、どこまでが蜘蛛で、どこからが道糸なのか分からない(本当に分からない)のはストレスがたまるからね。

 あと、渓流の細糸仕掛けに関していえば、「ゼロ釣法」というのは、なんか仕掛けがごちゃごちゃしていて、“シンプルで美しい渓流釣り”の範疇を逸脱する気がして、僕は違和感を覚える。それに、ゼロ釣法というのは、ようするに某大手釣り具メーカーが、一般消費者であるところのアングラーにもっとお金を使わせようとして仕組んだ企画だと僕は思っている。
 そもそも日原川上流のネイティブに近いヤマメやイワナは、別に「ゼロ」じゃなくても釣れるし。

 ・・・・話がだいぶそれたが、ようするに、管理釣り場でスピニングリールを扱うようになって、はじめて本気でナイロン?それともフロロ?の疑問に直面したのである。(ちなみに、「海のふかせ釣り」でもスピニングを使うが、これは僕はかなりいい加減に楽しんでいるので、安いスピニングに、一年以上2.5号くらいのナイロンを巻いたままであるし、それで大物クロダイを釣り逃したことはない。そもそもクロダイが喰ったことはほとんどないのだけれど)。
 で、管理釣り場での結論を言うと、僕はスピニングリールでもフロロカーボン派である。しばらく試行錯誤の末、たどり着いた。

 一番大きな理由は、しばらく使って劣化したナイロンは弱い、ということ。特に雨が降ると、目も当てられない。
 はっきり言って、僕は管理釣り場で自分の愛用のルアーをロストすることは、大嫌いである。お気に入りの“ディープ・クラ・ピー”をラインブレイクで失くしたとき(しかも、そいつが未練たらしく浮いてきて、あと少しで竿が届きそうな距離にぷかぷか浮いたまま容易に近づいてこないとき)ニジマス釣りどころではなくなり、小一時間ルアー回収に翻弄されることになる。
 (ちなみに、僕はルアーロストを、ひそかに“戦死”と呼んでいる。「3.5グラムのMIU赤金、戦死!!」とか)。

 逆に、僕の実感としては、3lb(約0.8号)のフロロカーボンを使っている限り、ラインがちぎれることは、ほとんどないという気がする。
 ルアー初心者にとっては、なけなしの小遣いで買った大事なルアーをロストすることなく、夕方まで過ごすことができた日(わが軍団の戦士が誰も死なずに済んだとき)が、「良い釣りをした日」ということになるのだろうと思う。仮に、周囲の強豪をしり目に、自分一人爆釣モードに入ったとしても、その日全体を見て、スプーンやクランクベイトを4個も5個も失っていたら、帰りのクルマの中でとても悲しい気持ちになります。釣り場環境にも大変悪いし・・・・。

 上記の理由がほぼ決め手であって、ナイロンに比べて堅くて扱いづらいなんていうのは、慣れてくればフロロのデメリットのうちに入らない。
 一般的に言われる、「ナイロンに比べて値段が高い」というのは嘘で、釣行のたびに劣化するナイロンを買いかえる出費に比べると、年間を通じてラインにかかる値段は絶対にフロロの方が安いはず。また、クラ・ピーを失って、泣きながら買いなおす(買えればまだ良いが、二度と同じカラーが手に入らないことも多い)場合の出費まで考慮に入れると、なおさらである。

 もう一つの理由として、これは気のせいかもしれないが、僕の場合、リールにフロロを巻いているときの方が、あきらかにルアーへの魚のバイトが多い気がする。いろんな要因がからむので、もう少し研究しないと本当のことは分らないが。フロロの方がナイロンより、魚に見えにくい、は本当かもしれません。

 ところで、ナイロン・フロロの他にPEラインというのもあるが、僕は最初から選択肢から除外。さすがに値段が高すぎるので。本気の趣味にある程度時間とお金の投資は惜しまない方だが、限度というものがあるのである。
 ※この点は、ひとまず再考とします。ソルトルアーに手を出すようになって、ひょっとするとPEラインのコストパフォーマンスが実は良いのではないかということに気づいてしまったからである。
 むしろ考えるべきは、クラピーで「乗せる」釣りが好きな僕にとって、PEを使う価値があるか否か・・・かもしれない。



     





もくじに戻る

ヤマメ・イワナ・渓流LOVE★に戻る